/

この記事は会員限定です

配属先は赤字のバス事業 労使のねじれに悪戦苦闘

東急社長・高橋和夫さん(3)

[有料会員限定]

百年に一度といわれる渋谷再開発を指揮する、東急社長の高橋和夫さん。半生をたどる連載の3回目は社会人の駆け出し時代だ。

◇   ◇   ◇

 1980年に東京急行電鉄(現東急)に入社した。配属先は自動車部。同期の中でたった一人だった。

自動車部と言い渡された時は「鉄道会社に何で自動車部があるのだろう。東急は自動車レースに参戦するつもりなのか」と混乱しましたが、よくよく聞くとバス事業のことでした。新入社員の配...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1207文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン