社会のあり方見直す原点 阪神大震災25年

阪神大震災25年
2020/1/17 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

阪神大震災は日本の社会の大きな節目だった。四半世紀を経て改めてそう感じる。近代化された大都市を初めて襲った大地震は日本の防災を変え、多くの人が社会のあり方を考えるきっかけになった。その原点としての意味合いは歳月を経ても色あせることはない。

構造物の耐震設計では極めて大きな地震でも致命的な損傷が起きないようにする2段階設計法が導入され、被害を軽減する減災という考え方が普及した。「阪神大震災が起きて…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]