/

ペイペイ、飲食店や自販機の支払いで4割還元

ソフトバンクグループ傘下でスマートフォン決済を手がけるPayPay(ペイペイ、東京・千代田)は17日、飲食店や自動販売機などでペイペイを利用すると購入金額の40%を残高として利用者に還元するキャンペーンを始めると発表した。ペイペイの累計登録者数は2300万人に増えたが、飲食チェーンと協力することで新規利用者のさらなる獲得を目指す。

吉野家や松屋、すき家、サンマルクカフェなど全国6500店舗以上の飲食チェーンと、日本コカ・コーラが設置する21万台以上の自動販売機での支払いが対象になる。期間は2月1~29日の約1カ月間で、1回に付与される金額の上限は500円相当、期間中は1500円相当となる。3月にはスーパーマーケットとのキャンペーンも予定している。

ペイペイの中山一郎社長は、同日都内で開かれた記者会見で「まだ使っていない人に使うきっかけを提供したい。キャッシュレスをより身近に感じてもらいたい」と語った。累計登録者数は2300万人を突破したが、「スマホ利用者7000万人までは伸びしろがある」と中山社長は利用者拡大に意欲を示した。

2020年内にペイペイのアプリに、金融サービスの機能を追加していく考えを示した。個人向けローンやビジネスローン、投資、後払い、保険などが対象となる。金融サービスに関しては「自社、他社問わず、各金融機関と連携し進めていきたい」(中山社長)。

請求書のバーコードをペイペイのアプリで読みとって支払うサービスの連携先も拡大する。17日から「キューサイ」など27社の通信販売に対応し、1月中に電気やガス、水道の各企業をふくめ、計400社と連携できるようにする。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン