「箱を売るな、温度を売れ」 保冷箱メーカーのワコン
あらゆる企業は教育化する(第4回)

スキルアップ
2020/2/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ワコン(和歌山県紀の川市)は段ボールや保冷箱など、主に梱包材の製造販売を手掛けている。こうした会社の営業担当者は、普通なら「箱を売る」のが仕事だ。

しかし西田耕平社長は、営業担当者に「箱を売らずに、温度を売れ」と指導する。医薬品や食品など、保冷輸送が必要なものについて、どうしたら適切な温度管理ができるかを教えることを優先しなさいという意味だ。

「お客様は自社製品を運ぶに当たり、最適な保冷輸送の方…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]