/

この記事は会員限定です

中国、売れ残りマンション投げ売り 含み損に抗議も

不動産低迷、19年GDP29年ぶり低水準

[有料会員限定]

中国の2019年の経済成長率は前年比6.1%となり、29年ぶりの低水準に沈んだ。一つの要因は不動産業の低迷だ。新築マンションが買った途端に値下がりし、巨額の含み損を抱える例が珍しくない。購入者による抗議運動が起きた天津市を訪れた。

天津市の中心部から車で1時間弱。1月初め、市北部の北辰区にあるマンションの建設現場は静まり返っていた。1月下旬の春節(旧正月)を前に作業員はすでに故郷に帰り、工事が再...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1808文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません