相次ぐ敵対的買収、「三田証券は押さえたか」
証券部 山下晃

金融最前線
金融コンフィデンシャル
2020/1/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2019年に相次いだ敵対的買収は今年も収まる気配がない。「御社の株式を買い増したい」「断固拒否する」。年末年始をまたいで、ある上場企業の経営権を巡る激論が交わされている。事情を知る関係者によると、買い手は相手先の経営陣の同意を得ないまま買収に動く可能性が十分あるという。その敵対的買収の成否を左右する証券会社が日本橋兜町の東京証券取引所のすぐそばにある。1949年設立の老舗、三田証券だ。

「三田は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]