ノーベル賞の吉野氏、脱炭素の研究センター長に

2020/1/17 12:24
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経済産業省は17日、1月下旬に産業技術総合研究所が設立する脱炭素社会に向けた研究機関「ゼロエミッション国際共同研究センター」のトップに、ノーベル化学賞を受賞した旭化成の吉野彰名誉フェローを起用すると発表した。研究センター長に就任する吉野氏は同日、安倍晋三首相を表敬訪問し「地球環境問題は人類共通の課題。高い目標があるほ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]