「GPS装着は方策の一つ」 法相、保釈中逃亡防止で

ゴーン元会長逃亡
2020/1/17 11:55
保存
共有
印刷
その他

森雅子法相は17日の閣議後の記者会見で、保釈中の被告の逃走防止策について「(被告に)全地球測位システム(GPS)機器を装着することも方策の一つとなり得る」との見解を示した。法務省は2月にも法制審議会(法相の諮問機関)に保釈制度の見直しを諮る方針。刑法の逃走罪の適用などのほか、GPSを使った行動確認の是非も論点となる見通しだ。

日産自動車元会長、カルロス・ゴーン被告(65)の海外逃亡をきっかけに逃…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]