/

この記事は会員限定です

道路汚す「黄色いボトル」 トラック運転手、トイレ行けず

[有料会員限定]

全国の高速道路のインターチェンジ(IC)や国道沿いで、尿が入ったペットボトルの不法投棄が目立ち始めている。関係者はトイレに行く時間もないほどフル稼働する運送業界の人手不足が背景にあるとみる。公衆衛生や景観を損ねるだけでなく、道路上に転がれば交通事故につながりかねない。道路管理者は「絶対にやめてほしい」と訴える。

2019年10月、多くの倉庫が集まる川崎市東扇島で行われたボランティア清掃。横浜国道事...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1032文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン