世界で広がるデータ保護法制、米加州やタイで
企業の対応遅れに懸念

2020/1/18 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界の主要国で個人データの保護を厳格に求めるルール整備が相次いでいる。欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)に続き、今年1月には米カリフォルニア州で消費者プライバシー法(CCPA)が施行された。適用の対象やルールの詳細について戸惑う日本企業も多く、専門家は対応の遅れを懸念している。

日本経済新聞社が実施した第15回「企業法務・弁護士調査」で企業の法務担当者に自社のデータ活用で最も懸念す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]