/

難民受け入れ「慎重に」 57% 内閣府調査で

内閣府は17日、「基本的法制度に関する世論調査」と「外国人の受け入れに伴う環境整備に関する世論調査」の結果を発表した。難民や人道上の配慮が必要な人の受け入れについて「どちらかといえば慎重に受け入れるべきである」「慎重に受け入れるべきである」は56.9%だった。

「積極的に受け入れるべきである」「どちらかといえば積極的に受け入れるべきである」は24.0%だった。「現状のままでよい」は15.8%だった。

慎重に受け入れるべきだとする理由で最多は「受け入れる人の中に、犯罪者などが混ざっていた場合には、治安が悪化する心配があるから」で67.2%だった。

難民らの受け入れ数を「少ないと思う」「どちらかといえば少ないと思う」が54.6%だった。「どちらかといえば多いと思う」「多いと思う」は10.6%だった。

外国人を見かける機会が10年前と比べ「増えた」と回答したのは87.7%となった。外国人が安心して生活できる環境については「十分に整っている」「ある程度整っている」があわせて51.2%となった。「あまり整っていない」「全く整っていない」はあわせて38.1%だった。

両調査は2019年11月7~17日に全国の18歳以上の3千人に個別面接聴取の形式で実施した。回収率は52.4%だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン