/

この記事は会員限定です

ロシアは孤立の道へ 世界に背向ける「プーチン院政」

編集委員 坂井光

[有料会員限定]

ロシアのプーチン大統領は15日、年次教書演説で一連の憲法改正案を提案した。メドベージェフ首相率いる内閣も同日、総辞職した。これにより、大統領の任期を迎える2024年以降も「プーチン院政」による現体制が続くとの観測が支配的となった。

これまでのところ、プーチン氏が辞任後、どのようなポストで体制を支配するのかは不明だ。しかし、明らかになったことがある。今後のロシアが国際的に一段と孤立の道を歩もうとして...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1145文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン