独電力RWE、脱石炭火力で6000人削減 約4300億円の損失

2020/1/17 0:18
保存
共有
印刷
その他

【フランクフルト=深尾幸生】ドイツ電力大手のRWEは16日、独政府が進める脱・石炭火力発電で、2030年までに6千人の雇用を削減する必要があると発表した。18年末の従業員の約3分の1に当たる。発電所や炭田の閉鎖などにともなう経済的損失は35億ユーロ(約4300億円)にのぼり「負担は想定を大きく上回る」と指摘した。地球温暖化対策が痛みを伴うことを浮き彫りにした。

独政府は19年に38年に石炭火力発…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]