/

この記事は会員限定です

SBIと筑邦銀が資本業務提携 「地銀連合構想」第3弾

(更新) [有料会員限定]

SBIホールディングス筑邦銀行(福岡県久留米市)は17日、資本業務提携すると発表した。同行の既存の株主から数%を譲り受ける形でSBIが株式を取得する。SBIは複数の地銀に出資して束ねる「地銀連合構想」を掲げている。島根銀行福島銀行に続き、3行目の出資となる。

筑邦銀行の預金残高は19年9月末時点で約7000億円。九州は全国に先駆けて地銀による統合・合併の動きが相次いでいる。筑邦銀が地盤とする福岡県...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り179文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン