/

この記事は会員限定です

健康食品の広告、どこまでOK?

やまない摘発… 業界、自主ルール探る

[有料会員限定]

「食べることが大好きなあなたへ」「体験談は個人の感想です」――。こんな表現を使った健康食品のチラシ広告やパッケージの表示を巡り、行政による摘発が後を絶たない。消費者庁に届け出る「機能性表示食品」でも景品表示法に基づく摘発や、販売停止を迫られる例が相次いだ。表示のルールがはっきりしないなかで、事業者側は自主ルールづくりに着手。「何をすべきではないか」を自ら考えてルールにつなげることで「自浄」と「自衛...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1860文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン