サッカー

タイ消費"西野マジック"に沸く 経済効果100億円
前日本代表監督が手腕 サッカーU23アジアで8強

2020/1/16 21:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【バンコク=岸本まりみ】サッカー男子の東京五輪予選を兼ねたU-23(23歳以下)アジア選手権で、前日本代表監督の西野朗氏(64)率いるタイ代表が初めて8強に進出した。戦前の予想を覆す快進撃に開催国は熱狂し、ユニホームなど関連商品の売り上げが急伸している。経済効果は100億円に上るとの試算もある。市中では西野監督をあしらったTシャツが登場するなど、タイは思わぬ"応援消費"に沸いている。

「18日の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 サッカーのJ2琉球は6日、茂木駿佑選手(23)が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性反応が出たと発表した。琉球では知念哲矢選手(22)の感染を受けて選手、スタッフ37人が4日に受検。他の36人は陰性 …続き (21:36)

 サッカーJ2の徳島は6日、ミッドフィールダー藤原志龍選手(19)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。クラブによると、2日に発熱を訴えた。3日にクラブ独自のPCR検査を受け、5日に陽性と判定され …続き (20:42)

 サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)で3度の優勝を誇るローマは、クラブ所有権を米国のフリードキン・グループに5億9100万ユーロ(約740億円)で売却することで合意したと5日付で発表した。8月末 …続き (19:52)

ハイライト・スポーツ

[PR]