破綻から10年、JAL縮小均衡の打破狙う

2020/1/16 21:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本航空(JAL)は19日、2010年の会社更生法申請から10年を迎える。採算重視で再建に取り組む間に、売り上げ規模で肩を並べていた米アメリカン航空との売り上げ格差は3倍になるなど競合相手との差は大きく開いた。新たな成長策の切り札として期待をかけるのが格安航空会社(LCC)だ。

「復活したんだと感じたことは正直に言ってない。まだまだ本当の意味での社会の信頼を取り戻せているとは思っていない」。16…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]