/

この記事は会員限定です

フレンチ×日本酒で宿・町再生 「玉城屋」山岸オーナー

新潟創造人

[有料会員限定]

日本三大薬湯の松之山温泉にある、老舗旅館「酒の宿 玉城屋」(新潟県十日町市)。2018年のリニューアル以降、地元食材を使ったフランス料理に日本酒を合わせたプランが話題を呼び、リピーターが増えている。仕掛けるのは、酒や料理、経営など幅広い知識を持つ4代目、山岸裕一オーナーだ。

――16年に東京から十日町に戻ってきました。

「料理と経営を学びたいという思いがあり、大学卒業後は、調理師専門学校や店で料理...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り747文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン