/

この記事は会員限定です

イーストンの大山社長、生産者との壁なくす

[有料会員限定]

慢性的な人手不足に加えて消費増税という逆風にもさらされ、北海道の外食産業も苦しい経営を強いられている。「イタリア食堂 クッチーナ」をはじめ複数業態を持つイーストン(札幌市)の大山泰正社長に2020年の成長戦略を聞いた。(聞き手は光井友理)

■おおやま・やすまさ 1984年(昭59年)専大商卒、86年大商観光入社、90年イーストンに社名変更、91年専務取締役、99年から現職。札幌市出身。57歳。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り829文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません