北国銀行、定額制コンサル 経営計画やIT化など支援

地域金融
2020/1/17 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北国銀行は3月までにサブスクリプション(定額制)のコンサルティング事業を始める。企業に対して半年から1年単位で経営計画の策定やフォロー、IT(情報技術)化などを継続的に支援する。低金利の長期化で預貸業務の利ざやが縮小する中、安定的にコンサルの手数料を得る。2024年3月期にコンサル全体の手数料収入を19年3月期比4倍の15億円に増やす。

北国銀の安宅建樹頭取が16日、日本経済新聞のインタビューで…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]