/

この記事は会員限定です

ウィンウィン、知財保護は運用次第 米中合意の見方

[有料会員限定]

米中の貿易交渉「第1段階の合意」について専門家の見方を聞いた。

みずほ総合研究所の小野亮主席エコノミスト 米中貿易戦争を巡る「第1段階の合意」で技術移転強要の禁止や知的財産の保護が盛り込まれたことは、米中両国の市場でビジネスを展開する日本企業にとっても歓迎できる。ただ、中国の中央政府の方針に地方政府が従うのかなど厳格な運用が実現するかについては、蓋を開けてみないと分からない。

米政府が華為技術(フ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り540文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン