ゴーン元会長逃亡で公判手続き停止 真相解明遠のく

ゴーン元会長逃亡
2020/1/16 19:52
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告(65)が海外逃亡したことを受け、弘中惇一郎弁護士ら元会長の弁護団の多くが16日付で弁護人を辞任した。元会長が日本に戻る見通しは立たず、公判手続きは止まった。日産元代表取締役のグレッグ・ケリー被告(63)と法人としての日産の裁判は行われる予定だが、最大の当事者を欠く中、真相解明は遠のきそうだ。

ゴーン元会長は▽報酬を過少記載したとされる金融商品取引法違反▽日…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]