「空」の移動革命、トヨタもウーバーも 業種超え連携
米新興に430億円、早期量産を後押し

2020/1/16 19:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トヨタ自動車は16日、「空飛ぶクルマ」を開発する米スタートアップのジョビー・アビエーションと提携すると発表した。3億9400万ドル(約430億円)を出資した。生産技術や電動化のノウハウを供与し、機体の早期量産を目指す。自動運転や電動化など「CASE」と呼ばれる自動車の変革期を迎える中、モビリティー(未来の移動体)を巡る攻防は空にまで広がってきた。

近年、空飛ぶクルマは世界で開発が進む。都市部の渋…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]