/

この記事は会員限定です

三井物産が狙う世界最大インド2輪市場の電動化

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

三井物産は台湾の電機メーカーの東元電機と組み、インドで産業用と電動バイク向けのモーターを生産する。三井物産が4割、東元電機が6割を出資し、2020年末に年産11万台の工場を稼働させる。インド政府は環境対策と原油輸入の急増を抑えるために電動車両(EV)の普及を急ぐ。現地の日本メーカーやスタートアップに売り込み、市場を確保する狙いだ。日本企業がインドでEV用のモーターを生産するのは初めてとみられる。

東元電機は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1045文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン