[社説]都市直下地震の備えを早く

2020/1/16 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

6434人もの犠牲者を出した阪神大震災から17日で25年。四半世紀前のあの日の状況を昨日のことのように克明に思い出す人も多いだろう。日本列島は地震活動期のただ中にある。いつどこで起きてもおかしくない都市直下地震への備えを急ぐべきだ。

阪神大震災は戦後、大都市を襲った最初の巨大地震である。延焼を広げる六甲おろしが吹いていなかったこともあり、犠牲者の多くは建物倒壊による圧迫死だった。

首都直下地震で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]