サッカー

森保J、敗戦も個性光る相馬と岡崎 U23アジア選手権

2020/1/16 17:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【バンコク=阿刀田寛】サッカーの東京五輪世代で争うU-23(23歳以下)アジア選手権の日本は15日の1次リーグ最終戦を1-1でカタールと引き分け、1分け2敗という不本意な成績で大会を終えた。「この反省を生かさないと」と森保監督を恐縮させたタイ遠征で、日本が得たものは何か。

今大会の不成績は、日本サッカー協会内で不問に付されたようだった。理由は2つ考えられる。1つは東京五輪の勝負球と目される久保建…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 日本サッカー協会の関塚隆技術委員長は、新型コロナウイルスの感染拡大を懸念した南アフリカ・サッカー協会がU―23(23歳以下)同国代表の日本派遣を取りやめる意向を文書で通知してきたと23日、明らかにし …続き (23日 20:56)

前半、先制ゴールを決め駆けだす倉田(左)らG大阪イレブン=共同

 相手が流動的に選手を動かし、ポジションも関係なく攻め入ってくる横浜Mならばと、G大阪は変幻自在に守備の形を変えて粘り強く守った。J1屈指の攻撃力を誇る相手に1点こそ与えたものの、前半の2点を死守。9 …続き (23日 20:41)

G大阪に敗れた横浜Mイレブン(23日、日産スタジアム)=共同

 明治安田J1第1節最終日(23日・日産スタジアムほか=4試合)昨季リーグ王者の横浜MはG大阪に1―2で敗れ、黒星スタートとなった。前半に倉田らに2点を奪われた。昨季2位のFC東京はアダイウトンのゴー …続き (23日 18:57)

ハイライト・スポーツ

[PR]