/

この記事は会員限定です

森保J、敗戦も個性光る相馬と岡崎 U23アジア選手権

[有料会員限定]

【バンコク=阿刀田寛】サッカーの東京五輪世代で争うU-23(23歳以下)アジア選手権の日本は15日の1次リーグ最終戦を1-1でカタールと引き分け、1分け2敗という不本意な成績で大会を終えた。「この反省を生かさないと」と森保監督を恐縮させたタイ遠征で、日本が得たものは何か。

今大会の不成績は、日本サッカー協会内で不問に付されたようだった。理由は2つ考えられる。1つは東京五輪の勝負球と目される久保建(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り788文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン