丸紅新電力、環境負荷低い電力プラン開始 法人向け

2020/1/16 17:01
保存
共有
印刷
その他

丸紅子会社の丸紅新電力(東京・中央)は法人向けに環境負荷が低い電力プランの提供を始めた。丸紅グループで発電した再生可能エネルギーを活用。温暖化ガスの排出削減・吸収量を国が認証する「J―クレジット制度」や、石油やガス由来の電力ではないことを証明する「非化石証書」を組み合わせる。環境に配慮した経営を企業に求める動きが強まっていることを受け、需要拡大を見込む。

大規模工場などに向けた「特別高圧・高圧」の契約者が対象。二酸化炭素(CO2)の排出量削減を目指すプランと、太陽光など再エネ由来の電力比率の上昇を目指すプランを用意した。料金はいずれも、同社の通常の電力プランと比較して1キロワット時あたり約1~2円程度高く設定する。

「CO2削減電力メニュー」はCO2排出量の少ない電力が利用できるプラン。地球温暖化対策推進法への対策や、環境経営の取り組みとして、排出係数の引き下げを検討する法人向けに提供する。

「再エネ電力メニュー」は再エネ由来の電力の使用比率を高めたい法人向けに提供する。丸紅グループで発電した太陽光やバイオマスなどの再エネ電力を使用する。グループで保有する発電設備から調達することで、安定した価格での提供が実現できる。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]