プレーバック

フォローする

重量挙げ・三宅、親子でメダル 2012年ロンドン五輪

Tokyo2020
2020/1/16 18:00
保存
共有
印刷
その他

親がコーチを務める選手はいても、親子2代で五輪のメダリストとなると限られてくる。そのひとりに挙げられるのが、2012年ロンドン大会の重量挙げ女子48キロ級で日本女子初の表彰台に上がった三宅宏実だ。

ロンドン五輪から帰国し、銀メダルを手にポーズをとる三宅宏実選手と父の義行コーチ=共同

ロンドン五輪から帰国し、銀メダルを手にポーズをとる三宅宏実選手と父の義行コーチ=共同

1968年メキシコ大会銅メダリストの義行氏を父に持ち、伯父の義信氏も64年東京、メキシコと2大会連続の金メダリストという重量挙げ一家で育った。2004年アテネ大会は腰痛で9位、08年北京大会は4位(大会終了時は6位だったが、上位選手のドーピング違反により繰り上げ)。父と二人三脚で迎えた3度目の五輪はスナッチで日本新記録となる87キロを挙げ、ジャークでも110キロをマークした。

北京大会後は期待と重圧で追い込まれ、10日間ほどの「家出」も経験。精神的に自立してつかんだ銀メダルに「父より一個上に行けたのでうれしい」と"父超え"を果たした喜びを表現している。続く16年リオデジャネイロ大会までもケガとの戦いだったが、銅メダルに輝いた。

プレーバックをMyニュースでまとめ読み
フォローする

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

プレーバック 一覧

フォローする
ロンドン五輪のバドミントン女子ダブルス決勝、中国ペアと対戦する藤井(右)、垣岩組

 日本バドミントン界の悲願が成就した瞬間だった。2012年ロンドン五輪。女子ダブルスの藤井瑞希、垣岩令佳組は結成7年の熟練の攻撃プレーで日本勢初の銀メダルに輝いた。

 開幕前の世界ランキングは5位と、メ …続き (3/19)

ジョイナーはソウル五輪で陸上短距離3冠に輝いた=ロイターロイター

 長く伸ばした髪をなびかせ、長い爪には鮮やかなマニキュア。それまでの常識を覆す奇抜なファッションと衝撃的な走りで一時代を築いた。1988年ソウル五輪で陸上短距離3冠に輝いたフローレンス・ジョイナー(米 …続き (3/12)

卓球男子シングルス3位決定戦で勝利し、雄たけびをあげる水谷

 福原愛ら女子の陰に隠れていた日本男子卓球界が一躍、脚光を浴びた2016年リオデジャネイロ五輪。エース水谷隼は心技体とも絶好調だった。

 シングルス準決勝で金メダルの馬竜(中国)に惜敗したものの、3位決 …続き (3/5)

ハイライト・スポーツ

[PR]