/

日通、伊グループ3社を統合 ブランド関連の物流強化

日通は伊のグループ3社を統合した

日本通運は16日、イタリアで事業展開するグループ会社3社を2020年1月1日付で統合したと発表した。イタリア日本通運として株式会社化し、本社はフィレンツェに置く。輸送や倉庫運営を効率化するほか、アパレルなど高級ブランド向けの専門部署を立ち上げて営業を強化する。

日通の現地法人と伊の物流会社でそれぞれ13年と18年に買収したフランコ・ヴァーゴ社とトラコンフ社を経営統合した。従業員数は約1200人で日通では米に次ぐ規模の海外現地法人になる。

トラコンフ社はアパレルの倉庫運営や配送に強みを持ち、フランコ社は輸送手段の手配を主力とする。両社の取引先の高級ブランドが家具や雑貨にも事業を広げていることから、ファッションだけでなく生活関連全般の取り扱いを強化する。

日通は現在約2割にとどまる海外売上高比率を28年度には4割まで引き上げる計画を掲げている。国内向けでは訪日外国人の増加などで今後も高級ブランド関連の物流需要が見込めることから欧州での事業を強化している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン