スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

フクヒロ、スタイル貫き切符目前 バド女子複

Tokyo2020
2020/1/16 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

全ての五輪競技を通じても屈指の代表争いといえるのが、強豪ペアひしめくバドミントン女子ダブルスの2枠を巡る戦いだ。そんな厳しい選考レースで、福島由紀と広田彩花(ともにアメリカンベイプ岐阜)の「フクヒロ」ペアがいの一番にゴールに飛び込もうとしている。16日現在の五輪ランキングは堂々1位。五輪や世界選手権などビッグタイトルには無縁だが、長丁場の戦いはペアの強みを浮かび上がらせた。

26歳の福島と25歳…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
ボールを巧みに浮かす「3Dドリブル」が清水の武器

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京五輪の2021年への延期が正式に決まった。この夏の勝負を見据え、練習に励んできたアスリートたちの受け止め方は様々だ。04年アテネ五輪から連続出場を続けているホ …続き (3/26)

陸上男子100メートルのサニブラウンは「2021年に自分の思う形に持っていけるように」と延期を前向きに受け止める=共同
共同

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で東京五輪が約1年延期になったことを受け、主役となるアスリートが次々と心境を発信している。安全第一で下された決定を多くの選手が「やることは変わらない」と落ち着いて受 …続き (3/25)

点取り屋のFWらしく、強気なプレースタイルが持ち味

 ホッケー男子日本代表「サムライジャパン」にとって、東京五輪は1968年メキシコ五輪以来のひのき舞台となる。「開催国枠」も付与されたチームは、2018年夏のアジア大会で優勝して自力で五輪切符を獲得した …続き (3/19)

ハイライト・スポーツ

[PR]