ナチスへの皮肉とユーモア 映画「ジョジョ・ラビット」

アートレビュー
2020/1/17 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

第2次大戦下のドイツ。彼だけに見える秘密の友達ヒトラーの助けを借り、良きナチス兵士になろうとする10歳の少年ジョジョ(ローマン・グリフィン・デイビス)に待つ運命は?

ヒトラー役を演じ、脚本も書いたニュージーランド出身、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017年)のタイカ・ワイティティ監督は、少年の愛らしさと優しさでナチスの残酷な現実を覆いながら、皮肉な視線の中で少年をみずみずしく成長させてい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]