奈良のイチゴ新品種「珠姫」、1粒平均30グラム超

2020/1/16 17:16
保存
共有
印刷
その他

奈良県の農業研究開発センターが育成したイチゴの新品種が「珠姫(たまひめ)」の名前で店頭に並び始めた。1粒30グラム以上の果実の割合が7割を超すのが特徴で、甘みはさっぱりしている。県は新たなブランドとして打ち出す考えだ。

2014年度から試験栽培が始まり、現在は県内37生産者が栽培する。19年12月に農林水産省から品種登録の出願が公表されたことを受けて「珠姫」として出荷できるようになった。正式な品…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]