/

ダボス会議、持続可能な社会探る 21日にスイスで開幕

「ダボス会議」と呼ばれる世界経済フォーラム(WEF)の年次総会が21日、スイス東部ダボスで開幕する。世界118カ国から首脳や経営者ら約3000人が参加し、持続可能な世界への道筋を議論する。トランプ米大統領も2年ぶりに出席する見通し。世界経済の減速や気候変動、貧富の格差拡大など深刻な問題にリーダーたちはどう立ち向かうのか。2020年の世界の政治経済や企業活動を占う試金石にもなる。

WEFは毎回、その時代背景を反映したダボス会議のテーマを設定している。50回目となる今回は「ステークホルダー(利害関係者)がつくる持続可能で結束した世界」。政府や企業、従業員や顧客、地域社会が一体となって問題解決に向けて行動し、すべての利害関係者に恩恵が行き渡る社会を目指す――。そんなメッセージが込められている。企業がこれまで重視していた株主第一主義から脱却し、長期的に企業価値を高めるには何が必要か。ESG(環境・社会・企業統治)に対する社会的な関心が高まるなか、「新しい資本主義のかたち」について多くの意見が飛び交いそうだ。

トランプ米大統領がダボス会議に参加するのは2年ぶり2回目となる=ロイター

目玉の出席者はトランプ氏だ。ムニューシン米財務長官ら主要経済閣僚とともに参加する。米国第一主義を掲げるトランプ米政権は貿易や移民などで保護主義政策を打ち出し、ダボス会議が目指す国際協調とは相反する。18年のダボス会議では環太平洋経済連携協定(TPP)への復帰検討を表明し、周囲を驚かせた。11月に大統領選挙を控えるトランプ氏が、21日に予定されている演説で国際社会に何を発信するかに注目が集まる。一方、米国と対立するイランは当初、ザリフ外相が出席する予定だったが、反政府デモなどの対応に追われ参加をとりやめた。

24日までの会議期間中、350以上の討論会などが開かれる。大きなテーマの一つは「テクノロジー」だ。グーグルのスンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)や、華為技術(ファーウェイ)創業者の任正非CEOら巨大ITや通信大手のトップが議論を交わす。人工知能(AI)や、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」などは日常生活にも欠かせなくなっている。一方で、そうした最先端技術はデータが生命線で、プライバシーや個人情報が保護できるか懸念も強い。テクノロジーがもたらす負の面をいかに最小化し、経済発展につなげるためには何が必要なのか。活発な議論が繰り広げられる見通しだ。

環境問題も重要テーマだ。高温で火勢がなかなか衰えないオーストラリアの森林火災や、干ばつによる途上国の食料不足など温暖化の影響が各地で表面化している。企業や政府は相次いで二酸化炭素(CO2)排出削減目標を打ち出すが、具体的な手段が明確でないケースも少なくない。討論ではCO2の排出量を実質的にゼロにする「カーボンニュートラル」の取り組みなどを議論する。注目は19年に続き出席する、スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさんだ。トランプ氏にも堂々と主張する少女の影響力は強まる一方で、ダボス会議でも政治家に行動を迫る姿が見られそうだ。

ダボス会議は著名な歌手や俳優が参加するイベントとしても知られる。WEFは毎年、「クリスタルアワード」として社会課題の解決に尽力している文化人を表彰している。今年は男性から女性へ性転換した中国の振付師、金星さんらの受賞が決まった。

ダボスはスイス東部の山岳リゾートにある小さな村だが、会議中は参加者や随行員、報道陣が押し寄せて景色が一変する。ダボスで開く理由の一つは、周辺に娯楽施設などはなく、集中して討議する環境として最適だからだ。閉ざされた空間だからこそ人間関係が深まる効果も期待できる。今年、リーダーたちは何を語るだろうか。(ジュネーブ=細川倫太郎)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン