嫌な上司の歌でも楽しめる 歌わないカラオケ

日経MJ
2020/1/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

宴会がはねて2次会といえばカラオケ、というのは今や昔。働き方改革やカラオケ動画アプリの隆盛を背景に利用客が伸び悩むカラオケボックスが、新感覚のサービスを打ち出し始めた。音楽ゲームやライブ配信など、歌わなくても楽しめる仕掛けで、新しいレジャーのあり方を提示。心遊ばせ若い世代に届け、と知恵を凝らしている。

■歌100点+リズム200点 まるで「音ゲー」

「♪タン・タタン」「ウーーーハイハイ!」。201…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]