鳥取県立美術館、槙文彦事務所が設計

2020/1/16 15:07
保存
共有
印刷
その他

鳥取県教育委員会は2024年度に倉吉市で開館を目指す県立美術館の設計・運営事業者として、大和リース(大阪市)を中心とするグループを選定した。1993年に建築界のノーベル賞といわれるプリツカー賞を受賞した世界的な建築家、槙文彦氏の事務所が設計を担う。

国指定史跡の大御堂廃寺跡に隣接する倉吉市営ラグビー場に建設する。PFI(民間資金を活用した社会資本整備)で、設計から運営までを担う手法を導入。3組が…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]