/

この記事は会員限定です

科学技術政策目標 「達成」危うし 予算不足も指摘

科学技術基本法 初改正へ

[有料会員限定]

日本の科学技術政策の方針を示す新しい「科学技術基本計画」の検討が本格化する。2020年度までの現在の第5期計画は具体的な目標値を定めたのが特徴の一つだが、引用回数の多い注目論文の割合など多くの項目で達成は困難な見通しだ。目標設定の妥当性を含めた課題を検証し、21年度に始まる第6期計画をいかに実効性のあるものにできるかが問われる。

基本計画は今後10年程度の将来を見通し、科学技術政策の5年間の実行...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2244文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません