「10万人全ゲノム計画」の意義を問う
科学記者の目 編集委員 安藤淳

安藤 淳
コラム(テクノロジー)
編集委員
2020/1/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

10万人近いがんや難病患者の全遺伝情報(ゲノム)を網羅的に解析し、病気のメカニズム解明や治療法の開発に役立てようという「全ゲノム解析計画」が今年から始まる。厚生労働省が2019年末、実行計画案を決めた。こうした取り組みは米欧で先行、日本は周回遅れとなっていた。新計画で挽回をめざすというが、自民党と官邸にせかされる形で急きょまとめたため、ちぐはぐな面もある。最終的に数百億~1000億円かかるといわ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]