阪神大震災25年 室崎益輝さん「暮らしの防災対策課題」
兵庫県立大学大学院減災復興政策研究科長

阪神大震災25年
2020/1/17 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

阪神大震災から25年。復興の過程で都市防災はどこまで進み、残る課題は何か。兵庫県復興フォローアップ委員会座長や内閣府中央防災会議専門委員会委員などを歴任し、ずっと復興に携わってきた室崎益輝・兵庫県立大学大学院減災復興政策研究科長に聞いた。

――25年間の復興を、どう評価されますか。

「3段階の課題があった。被災者が暮らしを取り戻すのが短期的課題。二度とこういう被害を繰り返さないよう安全で安心な…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]