籠城戦に入った正恩氏がトランプ氏と再び相まみえる日
編集委員 峯岸博

北朝鮮
朝鮮半島ファイル
峯岸 博
編集委員
国際
2020/1/17 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

昨年から年明けにかけて米軍が過激派組織「イスラム国」(IS)の指導者とイランの司令官を立て続けに殺害したのを北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長はどんな思いで見つめたか。昨年暮れの朝鮮労働党中央委員会総会の報告で「再び厳しくも長く久しい闘争を決心した」と米国との長期戦を宣言した。

■「米国にだまされた」

「我々は米国との対話のテーブルで1年半以上もだまされた」。北朝鮮の金桂官(キム・ゲグァン)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]