/

ゴーン元会長海外逃亡、弘中弁護士が辞任届

日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告(65)が海外逃亡した事件に絡み、元会長の弁護団のうち弘中惇一郎弁護士と高野隆弁護士が弁護人を辞任したことが16日、分かった。主任だった河津博史弁護士は引き続き担当する。

日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告の弁護人を辞任した弘中惇一郎弁護士

弘中弁護士は「東京地裁に対し、カルロス・ゴーン氏の全ての事件について、弁護士法人法律事務所ヒロナカに所属する弁護士全員の辞任届を提出した。本件に関し、記者会見は行わない」とするコメントを出した。

この日はゴーン元会長が海外逃亡してから初めて、起訴された事件の審理計画を話し合う公判前整理手続きが東京地裁(下津健司裁判長)であり、元会長の公判手続きを同社元代表取締役のグレッグ・ケリー被告(63)や法人としての日産と分離することが決まった。

河津弁護士らによると、ゴーン元会長の公判を分離したうえ、予定されていた元会長の同手続きの期日を全て取り消すことが決まったという。

同手続きでは元会長が帰国する見通しについて裁判官から弁護団に質問があり、河津弁護士は「自主的に日本に帰る見込みはないと判断している」と回答した。検察官から逃亡の経緯について質問があったが、同弁護士は「(起訴された事件が係属している)裁判所の手続きの中で申し上げるのは適切ではない」と説明を避けたという。

河津弁護士は同手続き終了後、元会長の帰国の見通しがないことについて「依頼者側に確認を取った発言だ」とコメントした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン