新型肺炎患者、国内で初確認 武漢に渡航歴

新型肺炎
2020/1/16 9:21 (2020/1/16 11:22更新)
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省は16日、中国の湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の国内初患者を確認したと明らかにした。患者は神奈川県の30代男性で武漢市への渡航歴があり、15日夜に国立感染症研究所の検査で新型ウイルスの陽性結果が出たという。

同省によると、男性は1月3日から発熱症状があり、6日に武漢市から日本に帰国した。医療機関を受診し、9日には39度の高熱となった。肺炎に悪化の兆しがあったことから…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]