プーチン氏、憲法改正提案 首相・閣僚 議会に決定権

2020/1/15 22:09
保存
共有
印刷
その他

【モスクワ=小川知世】ロシアのプーチン大統領は15日、今後の施政方針を示す年次教書演説を行った。「政治システムを大幅に改革する」と表明し、議会の権限強化に向けた憲法改正を提案した。首相や閣僚を決める権限を大統領から議会に移すことなどが柱となる。地方知事らで構成し国家の基本方針を話し合う国家評議会の制度化も目指す。2024年の大統領の退任に伴う体制移行後も、権力を維持する「院政」へ布石を打つ狙いと…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]