低調の水素車、トラックに活路 ホンダといすゞ共同開発

2020/1/15 22:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ホンダは15日、燃料に水素を使う燃料電池車(FCV)のトラックをいすゞ自動車と共同開発すると発表した。FCVは走行時に温暖化ガスを出さないため日本や中国の政府が力を入れている。ただ、価格が高いうえ燃料供給拠点が少ないためホンダを含め各社とも販売は伸び悩む。これらの課題に対応しやすい商用車に活路を見いだしたい考えだ。

ホンダの広報担当者は15日に開いた事業説明会で、いすゞと組む理由を「FCVは大型…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]