/

この記事は会員限定です

低調の水素車、トラックに活路 ホンダといすゞ共同開発

[有料会員限定]

ホンダは15日、燃料に水素を使う燃料電池車(FCV)のトラックをいすゞ自動車と共同開発すると発表した。FCVは走行時に温暖化ガスを出さないため日本や中国の政府が力を入れている。ただ、価格が高いうえ燃料供給拠点が少ないためホンダを含め各社とも販売は伸び悩む。これらの課題に対応しやすい商用車に活路を見いだしたい考えだ。

ホンダの広報担当者は15日に開いた事業説明会で、いすゞと組む理由を「FCVは大型...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1495文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン