ネット履歴の仕組み、グーグルが機能を制限

2020/1/15 21:24
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

訂正>15日21時24分に掲載した「ネット利用者の閲覧データ、グーグルが提供取りやめ」の見出しは「ネット履歴の仕組み、グーグルが機能を制限」に訂正します。記事で「個人ユーザーのネット閲覧履歴データの外部提供を2022年までに取りやめる」とあるのは「外部の企業が個人ユーザーのネット閲覧履歴などを把握する仕組みを2022年までに制限する」の誤りでした。(2020/1/21 18:20)

米グーグルは14日、外部の企業が個人ユーザーのネット閲覧履歴などを把握する仕組みを2022年までに制限すると公表した。個人データの乱用への懸念が高まり、各国も規制を強めた。米アップルなどが同様の取り組みで先行したが、ネット検索の最大手もかじを切る。企業のデータ活用のあり方の見直しや、ネット空間での個人情報保護の機運を大きく後押ししそうだ。

グーグルが今回示したのは、世界で6割超のシェアを占める同…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]