/

この記事は会員限定です

ネット履歴の仕組み、グーグルが機能を制限

[有料会員限定]
<訂正>15日21時24分に掲載した「ネット利用者の閲覧データ、グーグルが提供取りやめ」の見出しは「ネット履歴の仕組み、グーグルが機能を制限」に訂正します。記事で「個人ユーザーのネット閲覧履歴データの外部提供を2022年までに取りやめる」とあるのは「外部の企業が個人ユーザーのネット閲覧履歴などを把握する仕組みを2022年までに制限する」の誤りでした。

米グーグルは14日、外部の企業が個人ユーザーのネット閲覧履歴などを把握する仕組みを2022年までに制限すると公表した。個人データの乱用への懸念が高まり、各国も規制を強めた。米アップルなどが同様の取り組みで先行したが、ネット検索の最大手もかじを切る。企業のデータ活用のあり方の見直しや、ネット空間での個人情報保護の機運を大きく後押ししそうだ。

グーグルが今回示したのは、世界で6割超のシェアを占める同社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1065文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン