/

この記事は会員限定です

社長報酬「見える化」で増額? 改正会社法に別の目玉

[有料会員限定]

昨年12月に成立した改正会社法で社外取締役の設置が義務付けられ、役員報酬の決め方を透明にするように促す規定も入った。実はコーポレートガバナンス(企業統治)に熱心な企業ほど、社長の報酬が高い傾向がある。決め方を「見える化」して社長の報酬が高くなるなら、企業の取り組みも変わるに違いない。

改正会社法の目玉は、上場企業など一定の大会社に義務付けられた社外取の設置だったが、注目のテーマがもう一つあった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1431文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン