千歳のFJコンポジット、燃料電池中核部品に参入

自動車・機械
北海道
2020/1/16 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

部品製造のFJコンポジット(北海道千歳市)は燃料電池車(FCV)の中核部品に参入する。中国・上海の自動車メーカー向けに、2月をめどに納品を始める。欧州や中国では燃料電池の技術開発、普及が進められている。同社は近く1億円規模の設備投資をおこない、生産能力を現状の年20万枚から5倍に引き上げる計画だ。

生産するのはセパレーターという部品。燃料電池は酸素と水素を化学反応させて発電する。セパレーターは電…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]