阪神大震災教訓に新ビジネス 計測機器や防災工具セット

阪神大震災25年
2020/1/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

阪神大震災が発生してから17日で25年。戦後初の大都市直下型地震は地元の産業界に大きな被害をもたらしたが、新たな企業やビジネスが生まれる契機にもなった。震災の経験や教訓をビジネスを通じて国内外に広め、防災や災害後の復旧や復興に役立ててもらう動きが脈々と続いている。

測量などを手掛けるクモノスコーポレーション(大阪府箕面市)の中庭和秀社長は、阪神大震災をきっかけに起業した。測量会社を退職してのんび…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]