企業の短時間テレワーク、横浜市・ソフトバンクが支援

ネット・IT
関東
神奈川
2020/1/15 19:41
保存
共有
印刷
その他

横浜市はソフトバンクなどと連携し、ICT(情報通信技術)を用いて遠隔で短時間勤務をする「ショートタイムテレワーク」を地元企業が始めると発表した。電気設備工事を手掛ける向洋電機土木(同市)が数人をアルバイトとして雇い入れ、ビデオ通話などを使って働いてもらう。子育てで離職した女性らの社会参画に役立てる。

次世代のまちづくりを進める東急などの協力も得て、同市青葉区の東急たまプラーザ駅周辺で実施する。同市南区にある向洋電機土木が青葉区在住の子育て世代の女性ら2~3人を雇い、コワーキングスペースや自宅で資料作成などの作業をしてもらう。勤務時間は週8時間程度で、通勤や就労の時間を短縮して負担を減らす。

1月中に募集を始め、3~8月に実施する予定だ。ショートタイムテレワークはソフトバンクが2019年3~8月、同市内の別の地域で同様の実証実験を手掛けている。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]